矯正治療に使われる装置の種類とは?

ワイヤーとブラケットを使用した治療

歯並びを綺麗にする矯正治療には、専用の矯正装置を使用します。矯正治療と聞いて一般的に思い浮かべる方法が、ブラケットとワイヤーを使用した方法です。ブラケットを歯の表面に装着させて、そこにワイヤーを通して歯を動かして行きます。
ブラケットは銀色のタイプが最も一般的ですが非常に目立ちますので、この矯正装置に抵抗感を感じて矯正治療に踏み切れない人も多いです。その為、金属のタイプではなく透明色や白色のプラスチックやセラミックのタイプのブラケットもあります。ブラケットを透明色や白色に変えることによってかなり目立ち難くなりますが、治療期間は銀色のブラケットよりも多少長くなってしまう可能性があります。また費用は若干割高にはなってしまいます。

マウスピースでの矯正治療

ワイヤーとブラケットを使用した矯正治療に対しては、どうしても抵抗感が有る人が居られます。そういった方には、マウスピースでの矯正治療がお薦めです。
マウスピースでの矯正治療とは、少しずつ形を変えたマウスピースを10日や2週間などで付け替えて行き、歯を少しずつ動かして行きます。マウスピースは透明ですので、周りからは矯正治療を行っていることを気付かれることは殆どありません。また、歯磨きや食事の際には取り外すことが可能ですので、ワイヤーでの矯正治療よりも煩わしさを感じることがありません。
ただし、マウスピースを装着すると若干喋り辛くなってしまうことがあります。次第に慣れて行きますが、その点については理解した上で治療を行うことが必要です。